HOME > 外来のご案内 > 乳腺・甲状腺外来

乳腺・甲状腺外来

乳がんは勇気に弱い

女性技師によるマンモグラフィ撮影

画像をクリックするとPDFファイルが開きます。(211KB)


乳腺・甲状腺外来のご紹介

生活習慣の欧米化などの理由から、最近日本では乳がんになる女性が急速に増えております。乳がんは胃腸や肺などの体の中にできるがんと違い、体の表面にできるがんのため自分で比較的早い時期に発見できることがあります。そして早期に発見することによって高い生存率が期待できるがんでもあります。

以下のような症状があった場合、できるだけ早く乳腺・甲状腺外来を受診してください。(以下のような症状があっても、多くの場合は良性なので、過度の心配は無用です)また症状のない方でも、1年1回の検診をお奨めいたします。当院では、毎週土曜日に乳腺・甲状腺外来を行っております。

乳腺の病気について   甲状腺の病気について 


医師のご紹介


副院長 外科
戸田 和史 医師
略 歴 徳島大学医学部 卒業
徳島大学付属病院(第二外科)
香川県立津田病院
高知市立市民病院
健康保険鳴門病院
国立療養所徳島病院
愛媛県立新居浜病院
町立半田病院
高知県農協総合病院
国立善通寺病院
兼松病院

大阪大学 乳腺内分泌外科
島津 研三 医師
学 歴
職 歴
大阪大学医学部医学科卒業
東京都立駒込病院外科
大阪厚生年金病院乳腺内分泌外科
大阪大学大学院外科学講座乳腺内分泌外科 助教
大阪大学大学院外科学講座乳腺内分泌外科 講師
専 門
領 域
乳癌、甲状腺疾患、センチネルリンパ節生検、内視鏡手術
資 格 日本乳癌学会 専門医
マンモグラフィー読影資格(AS)
日本外科学会 専門医
日本内分泌外科 専門医
医学博士

大阪大学 サイト   大阪大学医局 サイト 

PAGE TOP

個人情報保護について  リンク集